イけない

2017/11/13

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060802i305.htm?from=main3

JR西は当初から管内(近畿、中国)全域での利用を期待していたが、システムの開発が想定外に進み、両エリアの機器を相互利用できなくなったという。イコカは2003年に導入され、京阪神を中心に近畿圏の在来線計267駅で利用できる。

(中略)

このため、容量の少ない近畿側の旧型改札機では山陽側の運賃データまで読み取れず、システムを一体運用できなくなったという。

支社が変われば他社並か。

実際にはまたがり利用は新幹線や青春18きっぷなどの利用が多いはずなのであまり影響はないだろうけど、姫路−岡山などは通勤・通学利用もあるしそのへんではがっかりか?