三日間の幸福 (メディアワークス文庫)

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三秋縋
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

「馬鹿は死ぬまで治らない」という言葉がありますが、
馬は死ぬまで馬だし、鹿も死ぬまで鹿なので、
やっぱり死ぬまで治らないですかね?(意味不明)
そもそも馬鹿は治す必要があるのだろうか。
馬鹿は自分が馬鹿だと認識しているのかな?
というか馬鹿ってなんでしょうね。馬と鹿に失礼じゃないかw
("ばか"を"馬鹿"って書くのは当て字らしい)

作者のあとがきと同じ出だしで適当に話を始めてみたけど、
作家には向いてないなということが分かっただけだった。

寿命、健康、時間が買い取れるってことは、
それを売ることも出来るわけで、
お金があれば永遠に生きられる人もいるってことかな?
買い取りの対価はお金だったけど、売るときは別なのかな?
まぁ、そういう書かれていないことに対してあーだこーだ言っても
どうにもならんのですけどね。ちょっと気になったのです。

昔から読書感想文は苦手だ。

(。・ω・)ノシ