選挙制度で今の小選挙区制度では、どうなってるのか国会で共産党が言っていました。

 

自民党国民の何パーセントの支持か知っていますか、選挙はアンケートではないのです。

事実なんです。NHKの工作活動の一環の捏造アンケートとは全く違うものなんです。

 

選挙に行くものが55%しか投票に行かない何故か。信頼できる党がない政治家がいないからしかも自民党が嫌いだから行かないのが45%と言う意味です。

 

55%のうち小選挙区で無効になった票が54%と言うのです。と言うことは、29%しか有効票がないのです。

 

その内6割が自民党ですから17%の支持率で国会で3分の2を占める得票を得る選挙制度でいいのですか。

 

いいわけ有りませんね。

 

いま好景気の企業は実は輸出企業しかないというのです。かなりボーナスが期待できます。

 

日本の金持ちは急に貧乏人になりました。しかも海外の貧乏人が偉そうに日本の企業を買っています。

 

輸出企業などは日本の経済の10%の連中なんです。それに景気よくさせるために何十兆円も出すのが安倍です。

 

大問題は安倍は公務員の給与が民間の何倍も歩けど今手取りで900万もあるのはどうかと言ったら安倍はなんと言ったか当然だと言ったのです。

 

しかも日本の公務員は賄賂を取らない、流用などしない。横領もしないからだから当然だと言ったのですが。

 

わが県の知事は賄賂を貰って何が悪いと居直る始末です。実際に地方分権など大騒ぎするが、知事が逮捕されないのは警察がパチンコと言う賭博産業と癒着してるからです。

 

問題は公務員を特権階級にしていいのかと言う命題なんです。駄目に決まってるのです。

 

給与を上げればあげるほど人材は劣化します。その証拠が政治家でありNHK職員であり官僚なんです。質がどんどん下がっています。

 

農業にまで自民党は一分の者だけよければいいという政策をしています。農業の企業参入なんです。国民奴隷化計画なんです。

 

分かりますか。農業をしたものでなければ分かりません。昔は、農業に企業は入り込めなかったので、国民は安心して生活できました。

 

日本が戦争でがたがたになっても餓死しなかったのは、8割が農業だったからです。

 

しかし兇悪自民党はコノ農地を奪って国民を派遣法の奴隷にするのです。分からないでしょう。むかし農地は企業がもてないので委託するのです。

 

漬物屋がきてカブを作ってくれという大根を作ってくれ全部買うからと言うのですが、それはいい商売にお互いなるのです。

 

種は全部持ってきてくれます。大根だのカブは抜くのが大変なんですが向こうで連れてきます。出荷にも金がかかりません。箱代も要りません。専用の箱です。

 

3ヶ月貸せるだけで米くらいの金になるのです。するのは耕すのとマルチ張りだけです。

 

カゴメも同じです。畑を貸せれば、あとは出荷の人員が足らなければ出してくれます。しかし良い値段で取ってくれるので自分で出荷にするのが普通です。いまでいう原発の日当の5倍以上になるのです。

 

しかし自民党はこれを企業にさせて若者を日当7000円で使うと言う意味です。

 

大根1反分当時の金額で30万円です。しかし3ヶ月だけど労働は5日もいりません。

 

しかしこれを3人で3日あれば収穫までできる労賃ですから8000円とするなら8000×9=7万2000円です。いまでは40万くらいでしょう。そうすると33万円農民から利益を奪う政策なんです。

 

とんでもない政党なんです。安倍は統一教会とつながってるのですから兇悪なんです。全く野田の踏襲なんですよ。

 

追加

 

一票の格差が出るのは都道府県単位で選挙の枠組みをするからと申します。各選挙区に必ず一人が当選すると言う制度です。

 

しかしどうですか。一票の格差は2.5倍ほどなんですが大騒ぎしています。しかし今の選挙制度ではわが県は有権者50万人程度で信じられないだろうけれど7人だったかな当選してるんですよ。

 

投票率60くらいですから30万人有効表率50として15万人3万人の票で当選と同じなんです。本来は2人でいいのに3、5倍も当選してるのです。

 

何故そんなに当選したか。2重立候補なんです。しうかも本来は2選挙区なのに3選挙区それで比例にも立候補してるのです。しかも上位ですから当選したんです。

 

問題は選挙制度なんですよ。チンピラのような政治家多いでしょう。あと官僚からの天下り立候補。政治家2世、弁護士。医者。売れないタレントなどつぶしが利く不良しか立候補できないのです。

 

そんなものしかいないからまともな政党ができないのです。

 

問題は得票数に比例する人数が当選できないことなんです。政党政治ですから当選する人数が問題なんですよ。

 

どうすればいいか、簡単です。色々方式が考えられます。一例を挙げます。中選挙区で立候補もちろん一票の格差は一切なしです。

 

それで得票を得ます。その選挙区で得票を得るのです。もちろん何々党という比例投票は廃止します。そもそも比例は駄目です。杉村泰三では駄目でしょう。

 

それで一着でも当選ではないのです。自民党立候補は総得票数の17%有ったとします。

全部の選挙区80とします。

 

全部の選挙区で一位とします。しかし480人の17%は81.7人2人立候補してないので損します。80選挙区に300人立候補してもいいのです。

 

しかし自民党の中での当選ラインを決めます。投票率は関係ありません。あくまで得票です。無所属立候補は無所属だけで勝負します。

 

今の既存の政党が嫌われて6割が所属政党がない。浮動票だから下手をすると無所属で多数当選もありえます。

 

問題は無所属が100人で300人分当選したら、100人です。しかも無所属で4割の得票を得たら4割の当選が起こるのは当然です。下手をすると100人しか投票者がなくて当選も仕方ないのです。